プロポリスの効能や効果とは…

プロポリスは天然の抗生物質

スポンサードリンク

古代ギリシャの時代から、プロポリスは主要や炎症に効果をあらわす効能があることが知られていました。プロポリスの語源はギリシャ語からきています。「プロ」とは「前」という意味で。「ポリス」は「都市」、合わせて「都市を守る」「都市を防衛する」といった意味になります。日本では、プロポリスのことを「蜂ヤニ」などと呼んでいました。日本のミツバチは西洋ミツバチと異なり東洋ミツバチに属するとされており、あまり「プロポリス」を作らない種類とされています。
プロポリスは、ミツバチの巣を無菌状態に保つことができる能力があることからも、プロポリスの重要な効能として強力な殺菌作用があることがわかります。これらのことから、プロポリスには抗生物質と同じ働きをする成分が含まれているようです。

ミツバチが作り出すプロポリス

プロポリスは、日本では蜂ヤニとして知られていました。外見上似た物として蜜ロウがありますが、両者は似て非なるものです。蜜ロウはミツバチの下腹部から分泌された脂肪が固まったもので、主にろうそくや口紅の材料として利用されています。
プロポリスを作り出したミツバチたちは、はるか昔から今日に至るまで、環境の変化にあっても絶滅することなく延々と生き続け、命を循環させています。これは、遺伝学の上でも奇跡と呼んでも間違いではありません。
そのミツバチを守り育て続けてきたプロポリスとは、ミツバチが自然の中から樹液などを集めて、自分の分泌液と合わせて作り上げた“天然の抗生物質”と呼べるもので、過密なミツバチの巣を細菌やウイルスから守る重要な働きをしています。プロポリスの産出量は非常に少なく、人為的な合成はできない貴重品です。
古代エジプト、ギリシャ・ローマ時代にはプロポリスは神々に捧げられ、又、王侯貴族専用の食べ物として文献にも記されており、2000年以上もの時を超えて現代まで連綿と受け継がれてきたのはプロポリスの効能が確かなものであるという証明でしょう。

ミツバチ

プロポリスは、有効成分フラボノイドやアミノ酸、ミネラルなど多種多様な天然成分を含んでおり、主な成分であるフラボノイドは、植物が紫外線やウイルスなどの外敵から身を守る防衛機能だけでなく、それらを食する昆虫や動物の活動にまで影響を与えるほどの重要な物質で、プロポリスの効能や効果にも大きく貢献しているとされています。

フラボノイド・・・身体の酸化を防ぐ働きがある物質として知られており、あらゆる病気の要因とされている活性酸素を抑制し、全身細胞を活発にし、免疫機能を向上させ、生命力及び自然治癒力を強化するといわれています。

要するにプロポリスとは…

繰り返しになりますが、プロポリスとは蜂の巣から採取される樹脂状の物質のことを言うのですが、蜂蜜はひとつの巣から年間に10キログラムほどとれるのに対して、プロポリスは100グラムから多くて300グラム程度しか採取できません。プロポリスが貴重品といわれる所以でもありますね。
プロポリスには、シナモンやバニラを混ぜ合わせたような特有の香りとピリッとした辛みがあるほか、中には鋭い苦みがあるものもあります。日本では「蜂ヤニ」とも言われるように「ロウ」が混ざっているので、プロポリスの溶液を容器に入れるとそのロウが付着してしまい、なかなか取れないことがあります。アルコールで拭けばすぐ取れるので問題ありませんが…。
今でこそ珍重されるプロポリスですが、まだその効能が知られていなかった二十年ほど前までは、日本でも、ブラジルでも、養蜂家にとっては蜂蜜を採取するさいに邪魔になるので、厄介者として見向きもされず、ゴミのように捨てられていたそうです。今では考えられないことですね。
現在でもプロポリスは謎が多く、その作用や効能は解明され尽くしていない点が多々あります。樹脂状の物質プロポリスは、蜜蜂たちが、ユーカリ・カラマツ・ポプラ・カシ・トチ・モミ・ヤナギ・スギなどの樹木から樹液を採取して、巣に持ち帰り、粘着力のあるプロポリスを作りだしていることは、今も昔も変わらないところです。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリス概要 — admin 0:32:15
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報

  • ページランク
    QLOOKアクセス解析