オーストラリアプロポリス

オーストラリアプロポリス

スポンサードリンク

プロポリスの産地というとブラジルが有名ですが、オーストラリアもプロポリスの一大産地です。ミツバチの巣材から抽出する物質であるプロポリスを確保するためには、ミツバチを養蜂する必要があります。オーストラリアの広い国土と温暖な気候は、まさに養蜂に最適の環境と言えるのです。
また、ミツバチがプロポリスを作るにあたって、植物の樹脂や花粉を集めてきますが、このときミツバチがユーカリの木から巣材を採取すると、より品質の良いプロポリスができるといわれています。ユーカリの原産国であるオーストラリアがプロポリスの名産地であるのは、今更いうまでもありませんね。

オーストラリアプロポリスの今

プロポリスが注目を集めるようになったのは日本ではつい最近のことですが、オーストラリアではプロポリスは優秀な健康食品として以前から利用されてきました。そのため、カプセルや液体はじめ、歯磨き粉など、さまざまな形態のプロポリスが消費者のニーズにあわせて製造・販売、利用されています。
オーストラリアは、国全部がひとつの大陸です。広大な国土を持つがゆえにいまだに汚染とは無縁の自然が残っています。この正常な自然環境から採取されたプロポリスは安心して利用できることはいうまでもありません。
品質やバライエティに優れ、その上、食品の衛生管理などが徹底しているオーストラリアで生まれたプロポリスは、世界各地から絶賛されています。日本でも、多数の製造・輸入メーカーがオーストラリア産のプロポリスを取り扱っているということが、その優秀さを証明していると言えそうです。

スポンサードリンク
Filed under: 産地別プロポリス — admin 16:19:20
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報

  • メタ情報