注目されるプロポリス

スポンサードリンク

プロポリスが注目され、大きな話題にていったのは、プロポリスを使用することで、ガンをはじめ、高血圧や糖尿病と言った生活習慣病(昔は成人病などといってましたっけ…)も良くなった、と言う体験談を紹介した書籍がいくつも出版された事も影響しているのかもしれません。
また、プロポリスの薬効を裏付ける医療現場からの臨床例が、健康雑誌や専門誌、、テレビなどで紹介され続けている事も影響して、さらにプロポリスへの関心が高まっているのかもしれません。
医療機関においても、諸外国の臨床例や実験動物段階でのプロポリスの薬理効果(ガン抑制、殺ガン作用抗炎症作用殺菌作用抗酸化作用etc)が実績を上げつつある事を受け、頭ごなしのプロポリス否定姿勢から「不思議な」などの前置きをおきつつも、プロポリスに関心を寄せる医師が多くなってきているのもまた事実です。
プロポリスの有効成分は数千種類とも言われていて、それら多種多様な有効成分が体内でどのような働きをするのか、現在でも未知の部分が多い現状では、患者さんの命を預かる医師がプロポリスの使用に慎重になるのも無理からぬ話ではあります。
プロポリス利用者が増えている背景はには、最近の健康志向の高まりや、長時間待たされたあげくの3分診療、薬漬けや副作用などの医療不信もあるでしょう。しかしながら、プロポリスは「健康補助食品」の域を超え、医薬品と同じ感覚でプロポリスを愛飲している利用者も多いのではないでしょうか。それが正しいのかどうかは別として…。

生活習慣病:食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群(厚生労働省) 日本人の約3分の2が生活習慣病によって死亡しているとされている。これらの病気は生活習慣によっては若年層にも発症し、成人に限定されない。そこで、主として加齢に着目した「成人病」とは異なる概念として導入ました。生活習慣病には、高脂血症・高血圧・糖尿病・心筋梗塞・動脈硬化・脳梗塞・癌(悪性腫瘍)・糖尿病・痛風・メタボリックシンドローム、歯周病があげられます。また、肥満など、他の生活習慣病(高血圧や動脈硬化など)の要因となる生活習慣病もあり、互いに影響し合っているのも特徴です。
スポンサードリンク
Filed under: プロポリス概要 — admin 9:00:36
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報