活性酸素をやっつけるプロポリス

活性酸素とは何か?

スポンサードリンク

酸素は、私たちが生きていく上で欠かせないものです。酸化作用による効率的なエネルギーによって、生物は生存し続けているといっても良いくらいです。
その一方、私たちは酸化作用に伴って発生する活性酸素という厄介者とつきあうことになってしまいました。
活性酸素は激しい運動や新陳代謝などによって、微量ながらも常に体内で発生しています。そのた、放射線、ストレス、紫外線などによっても発生します。

活性酸素には、スーパーオキサイドラジカル、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素などがあります。いずれの活性酸素も反応性が高いので、強力な殺菌作用を持っています。体の中の免疫細胞は、有害な微生物が体内に入ってくると、この過酸化酸素を武器として有害微生物と闘うことになります。これだけ見れば、活性酸素のどこが悪いの??思われるでしょうが、この時攻撃を受けるのは有害微生物だけではないのです。周囲の正常な細胞まで、巻き添えをくって傷ついてしまうのです。さらに、体内で活性酸素が過剰に作られると、次のような様々な障害が起こってきます。

  • 脂質の分解(不飽和脂肪酸が酸化されて過酸化脂質に変化します。)
  • 細胞膜の障害(細胞膜の不飽和脂肪酸が酸化されます。)
  • タンパク質の変性(過酸化脂質がタンパク質と結合して老人性シミを作ります。)
  • 遺伝子の損傷(遺伝子の塩基部分を酸化して遺伝子構造を変化させてしまいます。)
  • 酵素の活性を低下させてしまいます。

過酸化脂質は「細胞のサビ」と呼ばれるほどの厄介者です。これが血管内に溜まると動脈硬化を起こし、脳梗塞・心筋梗塞などの原因になります。遺伝子の損傷は、あらゆるガンの引き金となってしまいます。さらに、糖尿病、消化器系疾患、アトピーなど、活性酸素は様々な病気を引き起こす原因を作ってしまうのです。私たちの老化についても、活性酸素は常用は働きをしています。

プロポリスの活性酸素除去作用

プロポリスには、最近話題になっている「活性酸素」を消去する作用があります。活性酸素消去作用とな何なのかのまえに、活性酸素とはそもそもなんなのでしょう?

活性酸素の「活性」とは、化学反応を起こしやすい性質の事をいいます。ということは、酸素は体の中でどう反応するのか、プロポリスはどうそれにかかわっているのか、ということです。
人間は、生きるために呼吸をし、酸素を体内に取り込んでいます。体に取り込まれた酸素は、血液に乗って体中に運ばれるわけですが、運ばれた酸素は、タンパク質や脂肪、ビタミンなどの栄養素と化学反応を起こし、エネルギーを発生させます。その時に、物質を酸化させる「活性酸素」が発生します。
酸素は、それに触れる物を酸化して腐らせるという性質を持っています。これは、私たちの体に対しても同じ働きをしてしまいます。悪い事に、体内で発生した活性酸素の酸化力はとても強いのです。

タバコは体に良くない

しかし、人間の体も黙ってはいません。この活性酸素を消去してしまういろいろな酵素を持っていて体に障害が起こらないようにうまくバランスを取っています。しかし、その酵素のチカラにも限界があります。酵素で消去しきれなかった活性酸素は体にさまざまな障害を与えるのです。
過剰な活性酸素が発生する原因は、日強生活の乱れや不摂生にある事がわかっています。過食、過労、ストレス、喫煙、肥満などがその代表と言えます。
増えてしまった活性酸素は、いろいろな病気の原因になるというワケです。例をあげると、動脈硬化を発生させ、さらに進行させる、ガン、糖尿病の引き金にもなります。その他、胃潰瘍、腎臓、肝臓商会系の障害、はては、アスベストによる肺の病気である塵肺の引き金にさえなるといわれます。

さて、ここからがプロポリスの出番です。一役果たしていただきましょう。
体内に発生した活性酸素を消去するには酵素の力がいるというのはもうお解りだと思いますが、過剰に発生した活性酸素を消去するために酵素の力が不足してしまった場合、その力不足を補助するために血液や組織の中に活性酸素を抑える物質が必要です。この物質を「抗酸化剤」と呼んでいます。抗酸化剤の代表はビタミンE、ビタミンC、βカロチンなどのビタミンですが、プロポリスもその仲間で、強力な助っ人なのです。
抗酸化剤には、他にフラボノイドやカテキン、尿酸、女性ホルモンなどが知られています。特にフラボノイドは、プロポリスの主要成分のひとつで、プロポリスに抗酸化作用があることは、国内外の研究でも明らかになっています。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの効能・効果 — admin 9:00:43
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報

  • メタ情報