プロポリスの鎮痛・麻酔効果

スポンサードリンク

末期ガンの患者が、プロポリスを使用していたケースで、痛みをあまり感じなかったといった例や、歯の痛みに直接プロポリス原液を患部に塗ったところ、数分で痛みがおさまった等の例は良くあることのようです。
プロポリスに鎮痛作用があることは、成分の分析などが行われていなかったはるか昔から言われてきました。特に、古くから民間治療薬としてプロポリスを用いてきたヨーロッパ諸国の文献には、痛みに関してのプロポリスの記述が目立津ということです。

例えば、西暦紀元1世紀に「博物誌」を著したローマのプリニウスは、「プロポリスにより、神経の痛みを鎮め…」と記しています。また、11世紀、イランの哲学者アビアンナは、「プロポリスは、棘を抜いたあとを自然に消毒して、痛みを非常に和らげる…」と、書き残しています。 このように、プロポリスについて触れた文献の中では、必ず痛みを鎮める作用のあることがかかれています。
三柴の痛みにプロポリス また、鎮痛作用と共に研究されてきたのが、プロポリスの麻酔作用です。
この作用に関して、ロシアの学者は、プロポリスが皮膚病の痛みとかゆみを止める作用も持つことから、局部麻酔作用があると推定しました。その確認のために、ウサギの角膜に薄めたプロポリス液を点滴する実験をおこなっています。
その結果、合成局部麻酔薬として使われる「プロカイン」と同じくらいか、それ以上の麻酔作用を示したといっています。
さらに、実験の際に、プロカインを溶かした液にプロポリスを混ぜてみたところ、プロカインの麻酔作用が14倍に高まったともいっています。
また、ブルガリアの科学者による実験では、手術の痛みに対する麻酔効果が45分間持続したことを報告しています。特に、アルコール抽出したプロポリスを使用した場合は、麻酔剤として良く使用される「ノボカイン」と同等の効果が見られたとも報告しています。

こうしたことから、プロポリスは、医薬品と併用した場合、医薬品の薬効を高めるという相乗効果があるようです。プロポリスを健康補助食品として利用する場合に、非常に好ましい性質といえるでしょう。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの効能・効果 — admin 9:00:01
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報