プロポリスを飲む量の目安

プロポリスを飲む量

スポンサードリンク

では、「健康を維持する」ために、あるいは「健康を回復する」ためにプロポリスを飲用するには、実際にどの位の量のプロポリスを飲めばよいのでしょう。

まず、もっとも利用されているであろう液状タイプのプロポリス 、この飲用量の目安です。
正直なところ、健康食品ですから一日に何滴と言ったような決まった量や飲む時間の制限は原則としてないと思ってください。そこは薬品と違う点ですが、プロポリスを愛飲している利用者の話を聞くと、気長に飲み続けていると、そのうちに「自分なりの適量がわかるようになる」といいます。それらの話から相互的に考えると、健康維持を目的としてプロポリスを飲み続ける場合、一日2~3回、一回に5~10滴程度を目安に飲んでいる人が多いようです。

適量が5~10滴と差があるのは、プロポリスのメーカーが採用している容器によって、1敵意の大きさに差があるからです。

プロポリスを飲む時間はいつでも良いのですが、一応毎食事後や、朝起きた時、就寝時など、あらかじめ決めて習慣化しておく方が、飲み忘れなども減ってよいでしょう。
どの位飲むのでしょう?また、子どもにプロポリスを飲ませる場合は、大人の半分程度を目安に知ると良いでしょう。年齢が低いほど飲む量を減らします。

以上はあくまで目安です。実際は、プロポリスメーカーや製品ごとに適量も違います。含有エキス量や、抽出方法などの違いによりプロポリスの成分の差異などから、メーカーが目安量を示している場合がほとんどですので、それを参考にすればよいでしょう。

体調のバランスを崩した時、重症患者ほど大量に飲む

では、健康を回復することを目的で飲む場合はどうでしょう。プロポリスの利用をすすめている医師によると、病状が思わしくない、あるいは重症の患者ほど、通常の2~5倍くらい多めにプロポリスを飲むようにすすめています。そして、一日2回とか3回と、定めた時間にきちんと飲んだ患者ほど良い結果が得られたともいっています。少量でも効果の早くでる体質の人もいますが、「大量に上限はない」という医師もいるくらいです。
一般的に、フラボノイドの含有量が多いプロポリスの方が、一回に飲む量が少なく済み、含有量が少ないものほど多く飲まなければならないように考えがちなようです。一理ある考え方ですが、 プロポリスに含まれている成分はフラボノイドだけではなく、他の成分も多種多量に含まれています。それらが相乗効果を出していることを考えれば、プロポリスエキスの含有量だけにとらわれ過ぎるのも総計かと思われます。

重要なのは、日々プロポリスを飲み続ける中で、自分にあった適量を見つけることでしょう。仮に病気になったとしても、その時だけ量を増やすこともできるようになるのです。まず、適量を見つけることが先決なようです。良質のプロポリスは、多くの量を飲んでも害はないと言われていますので、大量に飲む場合は、安心して信頼できるプロポリスを選ぶところから始まるということになるでしょう。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの利用法 — admin 10:00:43
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報

  • メタ情報