プロポリスと薬との併用

プロポリスと医薬品

スポンサードリンク
プロポリスとミツバチ

「プロポリスは、医師に処方してもらった薬と平行して飲んでも大丈夫でしょうか?」と、心配する方も多いと思います。また、病気で入院中の患者さんやそのご家族の方が、医師にプロポリスを飲んでいる旨を話すと、飲むのをやめるように言われたのでやめてしまったという例もあるそうです。

プロポリスの利点のひとつとして、そういった不安や心配のないのがプロポリスなのです。 ひとつの例として、ガンの治療法のひとつである化学療法(抗ガン剤などによるガン治療)との併用を考えてみましょう。

抗ガン剤による化学療法は、手術や放射線療法による局所治療と違って、全身にガンが広がるのを防ぎ、あるいは広がってしまったガンを一度にやっつけることを目的とした治療法といえます。現在ではひとつの抗ガン剤だけでなく、数種類の抗ガン剤を組み合わせて相乗効果を狙った「多剤併用療法」が中心となっています。
ガンに対しては大変有効なこの治療法にもひとつの欠点があります。抗ガン剤により正常な細胞まで痛めつけられてしまい、かえって体力を消耗してしまったり、全身症状の悪化を招いたりすることがあるのです。脱毛や吐き気、衰弱などといった副作用も生じることがあります。

プロポリスと薬を併用しても大丈夫?

副作用のない抗ガン剤の開発にはまだまだ時間がかかるでしょう。こうした、負の効果や副作用等の欠点をカバーしてくれるのが、じつはプロポリスなのです。というのは、プロポリスに含まれている多量の酵素(アミラーゼ、ヒアルロニターゼ、リパーゼ、トリプシンなど、細胞内で作られる生命の営みに不可欠の物質)の力で、抗ガン剤でダメージを受けてしまう正常細胞が強化され、細胞のガン化を防いでくれる働きがプロポリスには期待できるからです。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの利用法 — admin 10:00:51
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報