プロポリスと習慣性

プロポリスには習慣性はない

スポンサードリンク

永く飲み続けるであろうプロポリスに習慣性はあるのでしょうか。

薬剤に習慣性があるのは、一般的な常識として広く知られていますよね。悪い例では、麻薬や覚醒剤、今の流行りでは合成麻薬などでしょうか。一度やったらやめられない…恐ろしいことですね。
麻薬や覚醒剤を例に挙げるまでもなく、どんな薬でも程度の差こそあれ、長く飲み続けたりするとその効果が強くなったり弱くなったりします。俗に言う「中毒」という状態でしょうか。

さて、プロポリスです。

プロポリスにはさまざまな薬効があると再三出てきましたが、では「習慣性」もあるのでしょうか?

その答えは「否」、Noです。

プロポリスには習慣性はありません。

いったん飲むのをやめて、そのご再び飲み始めたとしても何ら問題はないのです。

また、プロポリスは長く飲み続けたりしても、副作用が出るような心配はほとんどありません。プロポリスと薬との違いは、この点にあります。

習慣性

副作用は、本来必要のないものですので生体にとっては好ましくない反応です。薬は内服薬・外用薬・注射・点滴など、どんな方法で用いたとしても、本来の薬効以外に多かれ少なか副作用というやっかいは症状が出るものです。その点、プロポリスは副作用の心配がほとんどないので、安心して飲用することができます。
ただ、そんなプロポリスでも、全く副作用がないかというと、まれに吹き出物ができたり、赤く腫れてなかなか治らないといった症状が出る方もいます。それがプロポリスの副作用なのかどうかは、時間をおいて経過を見ないと判断は難しいですが、これは、よく言われる「好転反応」と関係しているのかもしれません。

スポンサードリンク
Filed under: プロポリスの利用法 — admin 10:00:20
  • +1 button

  • スポンサードリンク

  • サイト情報

  • メタ情報